2007年07月09日

プルデンシャル生命保険加入

結局、我が家は、

ライフプランナーさんが進めてくれた、

米国ドル建終身保険

米国ドル建リタイアメント・インカム
(年金タイプ)

というものに加入しました。


ドル建てなので、リスクも多少リスクも考えつつ、

それを含めても、よい商品であると判断しました。


保険について、色々教えてもらって、

かなり知識が豊富になりました。

ライフプランナーの方には本当に感謝です。


posted by プル at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険加入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プルデンシャル生命保険のライフプランナー

プルデンシャルのHPをみてみると。。。

生命保険の商品の色々種類はあるんみたいですが、
肝心の値段とかな乗ってないません。


基本的に、ライフプランナーの方に、
相談するスタイルのようです。


我が家の担当のライフプランナーの方は、
現在の収入、生涯の資産運用的なこと、
老後の年金の事。

色々含めて相談に乗ってくれました。


そして、
どれだけ、保障が必要になってくるのか。
まず、そこから計算してもらいました。


なかなか、頼りになります!!


値段はその人の年齢によって、変わってきます。
posted by プル at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

プルデンシャル生命保険株式会社


プルデンシャル生命保険株式会社(ぶるでんしゃるせいめいほけん)は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社である。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っている。

本社があるプルデンシャルタワーは大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地にある。千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させた。



会社概要
商号:プルデンシャル生命保険株式会社
所在地:東京都千代田区永田町2-13-10、プルデンシャルタワー
設 立:1987年10月
事業内容 生命保険業及びそれに付随する業務
資本金:20,000,000,000円
主たる役員
代表取締役会長 兼最高経営責任者 前田一雄
代表取締役社長 兼最高執行責任者 三森裕
従業員数:3,539人(2004年度末)
保険料等収入:3,248億円(2004年度)
保有契約件数:186万6,218件(2004年度末)
保有契約高:22兆1,775億円(2004年度末)
総資産額:1兆9,322億77百万円


(Wikipediaより引用)



ちなみに、このビルは有名で、
通った事がありますが、かなり綺麗で立派なビルです。

posted by プル at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プルデンシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の種類

ほとんどの人が加入しているものに「生命保険」があります。「生命保険」は事故や災害による経済的損失(負担)に備えるための保険制度でただなんとなく安心するために入っている人も多いようです。


ひとつめに「終身保険」ですが、これは保険期間が一生涯続く保険。そして「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険を言います。最後に「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。


「生命保険」は万一の時に備える一番身近な貯蓄です。貯蓄だと自分が貯蓄した分の金額しか受け取れませんが、「生命保険」は契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。


保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額等、様々なプランがありますので、自分に合った「生命保険」を契約し、貯蓄と同時に安心も手に入れましょう。

posted by プル at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険

多くの人が入っている「生命保険」ですが、その「生命保険」についてあなたはちゃんと理解しているでしょうか?なんとなくセールスマンの話を聞いただけで入ったと言う人も多いはずです。


生命保険には、主に「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つの種類があります。「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。


万一の時に備えた貯蓄としてもぜひ入っておきたい「生命保険」。「生命保険」は契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。


毎月の保険料の支払いが窮屈になる場合もよくあることなので、受け取り金額だけでなく、払い込み期間なども様々ですのでいろんなプランを比較検討して自分に合ったものを見つけて契約したいですね。

posted by プル at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。